頑張る社畜二人組

正社員の就職活動におけるクリーニングと履歴書

就職活動と言うのは非常に精神的にも肉体的にもハードです。そんな就職活動を1日でも早く終わらせるためには、出来るだけ納得のいく就職先から内定を取ることに尽きます。しかし、このご時世なかなか思うように内定を得ることが出来ない方が非常に多いのではないでしょうか。何社にもエントリーをして数少ない面接の機会を得るだけでもとても大変です。特に、正社員の就職活動となると、採用の基準も非常に高く、また待遇が良いので応募者も非常に多数となり倍率も高くなります。そんな厳しい正社員の就職活動を乗り切るためには、やはり他の人との差をつけなければなりません。人によってどんな部分で差をつけるかは変わってくると思いますが、やはり最初の関門であるエントリーを突破するために応募書類の完成度を高くしておく必要があります。応募書類には、大きく分けて履歴書と職務経歴書の2種類があります。履歴書に関しては、これまでの経歴と自己PRや志望動機を記入する欄があります。履歴書のこの部分をみて採用する側は次のステップである一次面接に進ませるかどうかを判断します。ですので、採用側がどんな人材を求めているのかを事前に把握し、それに沿った内容にしておくことがとても大切になってきます。どれだけ立派なことを書いたとしても、採用側の意図してることから外れた内容になってしまっては意味がありません。また、無事に面接に進んだ際に重要なことの1つに身だしなみがあります。面接でどれだけ流暢に話すことが出来ても、身だしなみがしっかりしていなければ人間性を問われます。正社員として採用しても大丈夫と思ってもらえるようにワイシャツやリクルートスーツは事前にクリーニングに出すのは最低条件となります。出来たらクリーニングには何着かまとめてクリーニングに出しておけば、手間も省けるでしょう。